百器徒然袋鳴釜がセールに関係なしの安さ |

初めて漫画版を読みましたが、榎木津が想像を裏切らないビジュアルで、とても良かったです。読みやすいし面白かったデス。小説を読んだ後にこの本に出会いました。

コレです!

2017年01月30日 ランキング上位商品↑

百器徒然袋鳴釜百器徒然袋鳴釜 [ 志水アキ ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

満足。。ちょっととっつきにくい人でもマンガなら…。キャラクターの良さも見事に表現されているかと。画風が作品に合っているし!キャラのイメージも場面展開もほぼ違和感ありません。他の話は「鉄鼠の檻」あたりが漫画化した頃に読んでみたいな!と思います。良いですね、絵もストーリーも、まったく損なわれていないと思います。上手くコミック化されていると思います。そのへん覚悟で購入したのですが、おそらくそういう読者がいることも打ち合わせていたのか、またはページ数の関係か、そのへんソフトな仕上がりで楽しく読めました。よくあの文章量を漫画にまとめられたなぁと感心しました。原作が好きでしたので!マンガになるとどうなるかと思い購入。コミック化にありがちな!「原作のイメージと違う」感がなくて良かったです。志水さんの益田くんはこれが初登場ですよね。京極堂はもうちょっとギスギスしててもいいかな…他の作品も購入しようと思います。面白いです。やはり志水アキさんの京極堂は面白いですね。京極さんの本が好きで!小説は読んでるのですが!厚いし。小説のコミック化は大体酷い結果になることが大半ですが!こちらのクオリティはかなり高いです。原作の雰囲気を損なわずよい出来でした。相変わらずのクオリティに!買ってよかったとしみじみ思います。個人的には、本島&益田両人のイメージが『あれ?』って感じでしたが、これはこれで面白かったです。美弥子お嬢様が特にイメージとピッタリでした。コミック化にはあまり期待してませんでしたが原作ファンにもおすすめできるほどうまくまとまっています。他のものも読んでみたいです。映画の京極シリーズの榎木津(阿部寛さん)はダンディで格好良かったけど!今作品の彼は小説本来(?)の変人ぽさが強烈で良いですね。原作シリーズの中では勧善懲悪ざっくばらんな印象が強い「百器徒然袋」ですが!その中でも「鳴釜」は重い感じで性犯罪被害者の実情とかが書かれていたので!漫画で視覚化されたら色々思い出して私はヤな気分になりそうだから買うのはどうしよう……と悩んでいました。絵が、アニメチックじゃ無いところ(?)が好きです。原作でわかりきってる内容なのに!それでも面白かったです。京極シリーズの志水さん版は全く読んでいないので!冬休みの娯楽にほしくなりました。私は、原作読めていないので、榎さんこういう人だったんだ、、、ってようやくわかって、たのしかったです。短編とはいえ、あの内容量を一冊にまとめた志水先生の力量に感謝♪榎木津探偵の傍若無人ぶりをコミックで読めるのは本当に楽しいです。京極作品の小説は基本ぶ厚いのでとっかかりにくい方はこの本からはいってみるのもアリですね。とても気に入りました。最初見たときはちょっと違和感ありましたけど読んでいくうちにこれもありかな!と思えるようになりました。小説を読んで、頭に思い描いていた映像がそのまま漫画になった感じです。違う話も見てみたいですね。原作の雰囲気の出し方が上手いです。京極作品の(良い意味での)難解さが、気持ちよく堪能できました。流れで原作短編集二冊を読み返してます…面白いんだけど疲れた(=_=).。oO〇原作も擦り切れるほど読んだくらい大好きです。小説と比べたら!やはり小説の方が良いですが!例えば結婚式のシーンなど小説で膨らんだイメージを補完してくれる感じがして!読んでよかったと思います。