にいさんの口コミ~!

もともと不定期刊の雑誌だったのでページ数がやや少ないのが難でしょうか…。目覚めた人ブッダと!神の子イエスが人間界に降りてきて!東京立川のアパートで同居するという内容のマンガです。タイトルのインパクトがすご過ぎて買う勇気が出なかったこの作品。

これっ♪

2017年01月30日 ランキング上位商品↑

にいさん聖☆おにいさん(1) [ 中村光 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

会話の主語が省かれてて誰に対して言ってるのかが分からなくなることが時折あり、ちょっとだけ気になりました。レビューが良かったのでお試しに一冊購入し!その後!大人買い致しました。宗教ネタ詳しくなくても全然読めます。今までコミックなんて買った事無かったのですが!思わず注文してしまいました。ずっと気になっていたんですが、なかなか手に取れず今度漫画自体が休載するという噂をききつけ全巻大人買いしてみました。そして元エピソードを知らなくても笑えてしまうのがまたすごい。いずれにせよ「宗教ネタ」といわれるほどのタブーはなく安心して読める内容だと思ってます。二人の微笑ましいやり取りが仲良しのゲイカップルみたいで好きです(実際は違います)久しぶりに最近話題の漫画を読んでみました。面白いです。全巻大人買いしそうです。疲れが出てくる年末だからこそまた読み返したくなる、ほっこり温かくなるストーリーです。(最近…というほど新しくはないかな?) 爆笑…というほどではないですが適度に笑え!ストレス無く楽しく読める作品だと思います。ただ、特別なにかがおこるわけではないのでサザエさんちびまる子ちゃんみたいに作者のネタ次第ですね。今月、2巻が出るという話ですが姉妹紙のモーニングに載った出張版なんかも収録されてると良いなぁと思ってます。…なんでもっと早く読まなかったんだ!!後悔しつつ!既刊を一気に読破致しました。まとめて読むとやっぱりおもしろい。本誌で連載開始時から読んでいます。なんとも、ブッダやキリストの豆知識も増えたりして、ホント、おもしろいです。宗教には詳しくないけど!ブッダとイエスの伝記は読んだことがある私には衝撃的に面白かったです。一見常識人に見えるブッダの方がイエスより危なそうで良い感じです。(私としては良い意味で)友人から3巻まで借りて読んで、爆笑し衝撃を受けたので購入しました。。私自身はクリスチャンでも仏教徒でもありませんが、学生のときに授業で宗教史のクラス取っていたため、「スジャータさんからミルク粥の中元」とかのネタが妙に史実に即していて笑えます。知人が次の夏コミでイエスのコスプレをすると言うので、私もモーニング2の連載をチェックしまして、先日単行本も買いました。 Tシャツにジーパン姿のブッダとイエスが現代の東京でユルい日々を過ごす中村光先生のコメディ漫画「聖☆おにいさん」が新聞でも紹介されたり!こちらでも多くのレビューが投稿されたりする大人気です。やはり聖人は奥が深いです。普段マンガは読まないのですが!ふとしたきっかけで読み始めました。友達にも薦めようかと思いましたが、それほど漫画を読まない人に、こういうノリについて行けるのだろうか?と。どうしてこういうシチュエーションをおもいついたのかと感服するばかりです。世紀末を無事に越えた2人は!東京・立川でアパートをシェアし!下界でバカンスを過ごしていた---独特の世界観が面白いです。イエスとブッダがアパートで同居する話です。今年の夏に7巻が出るみたいですね。でも歴史の授業で出てきたネタが出てくるとちょっと嬉しい。1巻から徐々に買い足していくつもりです。イエスとブッダがアパートをシェアして下界でバカンスを楽しむ!という設定が斬新です。なんというか、同人誌的なノリを感じます。 イエスの衝動買いにブッダが怒りで敬語になるのは「そういう人いるよね〜」と共感を誘いますし!ブッダが額にある出っ張りを押されるせいで近所の小学生が天敵だったり!イエスがプールに顔をつけて目を開ける程度の我慢で聖痕が開いたりする宗教的ギャグなどが漫才のようです。そしてまずこの一巻。ところどころにある宗教ネタはじんわりと面白い感じで、この漫画はいけてるなと思いました。ブッダとイエスの聖人コンビが下界(東京・立川)でルームシェアしつつバカンスを楽しむという、とんでもない設定の、とんでもなく面白い漫画!!!随所に聖書や仏典の小ネタもちりばめられ、両宗教に詳しくなくとも3ページに一度は吹き出します。末永く続く事を願います。あくまでバカンスなので布教や宗教間の争いは一切無し。タイトルと雰囲気でジャケ買いしてしまいましたが、おもろいです。すると面白くて止まりません!もともと色々な宗教に興味がありましたが!全然興味がなくてもとても楽しめると思います。今までに神や仏をギャグにするものはありましたが!一番しっくり来る作品ではないでしょうか?二人とも無意識に結構奇跡起こしてます・・・。一コマの中のちょっとした仕草やらエピソードが微笑ましいです。(本当に漫才やってるし(笑)) まあ全体的にユルくて軽い漫画ですから、下手に構えず軽い気持ちで読んで笑いましょう。こんな二人の見守る世界なら、絶対戦争なんておこらないだろうなあと思える、ほのぼのコミックスです。前からずっと気になっていたこの作品。久しぶりに声を出して笑いながら読んだ漫画です。イエスやブッダについて誰でも知っているようなことから!コアなことまでがあちこちでネタとしてちりばめられています。目覚めた人ブッダ、神の子イエス。現代の人間界で新しい自分を発見!でも時々!過去やトラウマが蘇っちゃう。おもしろいですよ!!ブッダとキリストのほんわか漫画。聖人ネタでここまで盛り上げる作者さんはすごいです(゚∀゚)1巻はジョニデ、聖人男性、ハンズアップ、ティンカーベル、ブログなどが面白かったです。とても面白いです。当然のようにあの二人が普通の生活をくりひろげてくれます。すごいはずの二人が、パンのポイントを集めたり、お祭りにはしゃいだり、新撰組のコスプレセットを買ってみたり、特売に走ったりと庶民的な生活を送っているのも面白いし、さらにネタのちりばめ方が絶妙です。三宅乱丈さんの「ぶっせん」が好きだった人にも良いのでは(少々おとなしいですが)。 まず最初に!世紀末を無事に乗り切ったブッダとイエスが東京・立川でアパートをシェアしてバカンスを過ごしているという設定からして大胆で!加えてブッダが節約家で暇になると洗濯や掃除など家事に走る奥さんタイプ!イエスがブログや陶芸に凝って!度々衝動買いをするオタクタイプというシュールさは!宗教に比較的アバウトな日本だからこそ描ける作品でしょうね。はまってしまいました。でも、やっぱりわかったほうが何倍も面白いので、これを機に勉強しようかと思います。 皆さんがおっしゃるように、ある程度は釈迦と耶蘇の来歴を知っとけば楽しさ倍増です。連載当初から単行本を心待ちにしていたので、無事購入できて嬉しいです。