読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリー・アントワネットが割引不要の納得価格 2017年度

通販
。「マリーアントワネットの嘘」も併せて読みたくなりました。。

1月30日 オススメ商品♪

2017年01月30日 ランキング上位商品↑

マリー・アントワネットマリー・アントワネット [ 惣領 冬実 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

マリー・アントワネット夫妻の今までの物が嘘が暴かれる漫画!漫画ですがフィクション描写も少なく!とにかく絵が華麗で美しいので!歴史ファンにおすすめしますマリーアントワネットと惣領冬実さんの絵が好きで購入しました。☆4つなのは早く「チェーザレ」再開してほしいから。イラストはとても素敵でした。作者自身「ロココの描写は苦手」と明かしてますがやはりルネサンス期の絵の方が素敵です。何よりすばらしいのが、ヴェルサイユ宮殿監修の冠がつくことにより、宮殿の細部まで部屋など表現されています。モーニングに連載されている時から読んでました。世界史で習ったアントワネットやルイ16世とは全く違う姿が活写されています。確かに今までのマリーアントワネット像とは違う、何より、ルイ16世の描かれ方が違います。惣領さんの絵が好きで、チェーザレやES,MARSなど色々買ってきましたが、今回は絵は綺麗ですが、ページ数や大きさは考えると810円は高く感じます。でも内容的には十分満足できる作品でした。人物も肖像画をつかっているような美しさです。期待大です。衣装や室内装飾など!非常に丁寧に描き込まれていて!当時の王侯貴族の生活がとてもわかりやすいです。読んでいて面白かったです!「チェーザレ」ファンなので作者のサイトで見て外れはないだろうと思って注文。それと!家族だんらんの様子が書いてあったのも良かったです。なんだか物足りないです。巻末の歴史説明も多くて、漫画が「これで終わり?」という感じでした。時代考証をちゃんとされていて!忠実なので!ただの漫画の枠には収まっていないよい作品だと思います。ベルサイユ宮殿監修とかが話題になっていたり!ニュースでおすすめされていたりとかしたので!買ってみました。ただ、なんでそこで終わるかなー(涙)です。愚かな女性ではなく、率直に物を言いフラットに世の中を見つめる好人物に描かれている。21世紀に発見された衝撃の事実とともに歴史を紐解く、と書かれていたので、どんあストーリーなのか楽しみにしていたのですが、内容的にはちょっと中途半端な感じかして(最後の時まで描かれてなくて)これが1完なら物足りないなと思います。今までのマリーアントワネットとは一線を画し、帯には「歴史に革命を起こす」とまであります。そして内容がここで終わり?って感じでした。。『チェーザレ』を購読し丁寧に描かれた画とストーリーが気に入っています。できれば続きが見たい!!ですが、この作品を続けていくのは大変な労力ですよね。最初にアントワネットの晩年期!そこから結婚直後の初々しい彼女に遡って物語が始まる。結婚した初期の頃のマリー・アントワネットルイ16世が初々しくて好感を持てました。こちらが発刊されたのを知り早速購入しました。続きが気になりました。マリー・アントワネットは、華奢でとても可愛らしい方でフランス語も普通に喋っていたので今までの概念が覆りました。絵はきれいですが!漫画としての盛り上がりが少なく!時代小説の漫画化みたいでした。それくらい!丁寧な作品です。この作者が原作ではないのかな?みたいな。ルイ16世は、本当は聡明でシャイなで背がとても高い方だったんだなと思いました。たまたまタイトルが気になって購入しましたが、目線が違うアントワネットの描かれ方で、とても新鮮に感じました。