クレカの用意はOK??チェーザレがダントツに安い |

登場人物がいきいきしていて、気がつけばはまって読んでた感じです。『上記書籍の入門書』という紹介では失礼にあたります。後ろの資料の本も凄い!それら全部読んで!マンガに興すのはさぞや大変だと思いますが!頑張って欲しい!この5千円は価値がありました。

早速ご紹介♪

2017年01月30日 ランキング上位商品↑

チェーザレチェーザレ(1) [ 惣領冬実 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

時代背景を知らなくても十分楽しんで読めました惣領冬実さんのことは失礼ながら存じ上げなかったので「絵柄が苦手だったらどうしよう」と思っていたのですが杞憂でした。チェーザレ・ボルジアを取り上げたコミックといえば川原泉さんの「バビロンまで何マイル?」、さいとうちほさんの「花冠のマドンナ」&「恋物語10」(宝塚版をコミック化したものが収録)などもありますが、この作品は日本では紹介されていなかったチェーザレの資料を元に描かれているという事で、これまでの作品では描かれなかったチェーザレ像が期待できそうです。まだ届いてないので読んでから改めてレビューし直します。でも一般的にはあまりなじみがないのかな?ロレンツオ・デ・メディチとか高校生の授業で聞いたことあるような気がするけど。(あの!マキャベリ研究の佐々木先生が帯文を書いている!)。【以前のレビュー】種本がサチェルドーテ(Sacerdote,Gustavo)版チェーザレ・ボルジアとのことで興味を持ったので注文。。(笑)とても素晴らしい漫画に出会えて嬉しいです。とにかく、他の史実漫画に比べて格段に読みやすく、本当に面白い!惣領先生でなければ描けなかったチェーザレはとても魅力的で、苦手なはずだった世界史の物語へ、ぐいぐいと引き込んでくれます。絵もとてもきれいでよかったです。自分が書店で購入する際に裏表紙のデザインも参考にするので。今まで『陰』の部分が多く敵対者として書かれた人物ですが!歴史には必ず影の部分があって!そこがまた興味深いところです。それが漫画というビジュアルつきで読めるのだから試してみない手はないではありませんか。続刊は必ず買います。塩野七生とコミックがタメ張りそうなくらい!精緻な描写と最新のチェーザレボルジア研究に基づき学術的にも価値が高いです。最近漫画を読まなくなってたけど!とあるサイトで立ち読みしら続きが気になってしまいここでの評価も良かったので購入しました♪こんなに続きが気になる漫画は久しぶりです!こういう漫画があると歴史を知ろうとするきっかけにもなりますね。うう!凄いです。イタリア物の本格派歴史コミック。大人が読むに耐えるマンガが少ないとお嘆きのあなた!読み出すと引きずりこまれますよ。今回!1〜4巻までまとめて購入しましたが!一気に読んでしまいました。今、一番夢中になっている本です。作者は少女漫画のイメージで昔何作品か読んでたけど、大人になっても楽しませてくれるとは☆・・続き買います。画像は裏表紙です。チェーザレ早く続きが読みたいです。全く何もわからない主人公に説明をしながら話が進んでいくので!歴史がわからなくてもちゃんと話についていけました。2.チェーザレの時代背景について詳しくない読者も想定しており、細かな解説がありる。チェーザレファンの私としては不安もあったのですが、とても興味深く読めました。大好きな惣領さんの漫画が出ていたので早速注文!すごくおもしろかったです!すぐに3巻まで購入しましたが、この絵は秀悦!!闇に葬られたチェーザレのことやカノッサのことが知りたくて、最後のほうに書いてある参考資料も見てみたいな、と思います。11月には4巻が刊行予定のようですしとても楽しみです。面白い!!です。歴史には全く興味がなかったのですが!人気があるようなので購入しました。もう次の巻が楽しみでたまらず!モーニングを購読しようかと思っているくらいです。綺麗で精密な描写と歴史的な精査は凄い!服装まで全て当時はどのようであったかなど等。絵の重厚さ美しさが時代背景や登場人物にピッタリです。マキャベリとかサヴォナローラとかも出てきて、ああこの時代かぁ〜って感じで楽しいです。(漫画って絵柄との相性!大事ですよね)なかなか興味深いストーリー展開で楽しく読めたのですがこのペースで行くと完結がいつになるのか不安です(^^;塩野七生版「チェーザレ」よりかなり遡った時期から書き起こしているので・・・ともあれ!大人の鑑賞にも十分堪えうる漫画は貴重ですしましてや主人公はチェーザレ・ボルジア。チェーザレ・ボルジアの漫画があることは最近まで知りませんでした。史実漫画が好きで!色々と読んでいますが!基本的に日本の歴史のほうが好きなので!初めての世界史です。西洋史に興味がある人ならチェーザレ・ボルジアの名は誰でも聞いたことがあるしょうが残念ながら世界的にも評価の高いサチェルドーテ版の邦訳はまだありません。世界史の教科書よりも!キリスト教!ヨーロッパ史!ルネッサンスと個人の目覚め!などがよーくわかります。1.エンターテイメント性を考慮しており!兎に角面白い。漫画故の難しさもあったと思います。チェーザレ・ボルジアを検索して見つけたコミックス。ここ数年マキャベリに興味があり、折を見て関係書籍を読んでおりますが、S野先生やS々木先生の本は私にとって難しく、また非常に格式高く感じられます。以前から興味があった人物なので試しに1巻を購入しましたが、文句なく面白いですね。早く次が読みたいです。新聞で初めてこの本の存在を知りました。すごく絵がきれいで!内容も壮大な感じがして!お勧めです!!惣領さんは青年誌での漫画をこれからも描いて欲しいなって思います☆詳しい解説もあり!歴史好きにはたまらない一冊。私の好きだった某漫画に匹敵するようなわくわく感です。続きも楽しみです。買ってよかったです。上記書籍とこの漫画の違いは以下のとおりです。1巻と2巻、まとめて買いました。